更新履歴&日記

あなたのお名前何ですか!? 本屋ちゃんは可愛い!
メインへ戻る

次の日記へ

2022年05月19日
- ほぉぉ、良い性能だな -




あなた様の所属とIDは? はい。舞依様の活動休止前、メロスピアルバムでございます。一部、過去の曲をリアレンジし、新曲も一緒に添えられた花束って感じ。 やはり過去と今を比べると、舞依様の歌い方は変わっているような気がします。顕著なのは「BLOOD RESOLUTION」ですね。ところどころ、歌い方がメロディアスになっています。 「BLOODTHIRSTY」の頃は一気に歌い上げる感じで激しさがありましたが、今は少し抑え気味って印象です。CD音源とライブで歌い方も変わってくると思いますので、ライブでは どうなるのか、今から楽しみです。私が唯一持っていない、既に絶版となってしまった「The Un-Dead」より「必要悪サバト」が入っていて助かります。 新品は今プレミアついて1万ですからね。配信で欲しい...。他4曲? 舞依様がとてもお可愛いメイクの頃? わかんない...。6月のライブ、とても楽しみにしてます!

2022年05月18日
- これきた2時間スペシャル -


今日は「これが北原」の放送日でしたので、定時で帰りました。通常通りの1時間コースかな?と思っていたらまさかの2時間コースといううれしい誤算です。 今日のさや姉は全体的にふわふわしてるモードでノリノリでした。メール読みがメインの放送でしたが、色々な話が聞けてとても楽しい時間になりました。 番組中でディレクターさんが購入してきてくれた「蘇百年」というお酒を飲まれていたのですが、とてもおいしそうな日本酒だったのでつい買ってしまいました。 届いたら日記にでも書きましょう。番組中で、彼女が声優という道を選んだ時の話を聞けたのですが、吹っ切れるといいますか...すごく不安に思っていたことでも 突然、「やっちゃおう」って思えることは私もあるのでとても共感できるなーと思いました。これに近い考えですが、「迷うくらいなら行け」はとても大切なことだと私は思います。 来月の放送はもしかしたら三次会放送までやっちゃうかもしれないということで、今からとても楽しみですね!

2022年05月17日
- バカにできねーな -


金曜日くらいの話です。部屋の模様替えをやりまして、部屋を広く使うために折り畳み式ベッドは折りたたむようにしました。寝るときだけベッドを組み立てるやつですね。 こういうベッドってたいていは「指はさみ注意!」という文言が記載されたシールを貼られています。正直、「指挟むやつっているのかよ」と鼻で笑っていました。 事件は、金曜日に起きました。ベッドを折りたたんだタイミングで何らかの不注意によって私の指は折りたたみベッドの折りたたまれるエリアにかかっており、気づいた時には 激痛が指を襲いました。いや、マジでいてーーーーーってなりました。鈍痛が続いたので水道で指を冷やしたりしたんですけど、水が指にあたるたびに痛い。いやもうほんと痛かった。 湿布貼って痛みが引くようにしました。2日くらい経ったら痛みも無くなりましたからよかったです。いやぁ、やっぱり指はさみってありえるので、ベッドの組み立て時には気を付けます。

2022年05月16日
- なんなんですかぁ -


QtでOpenGLの処理を書き直しているんですけどね、ぜーんぜんうまくいかないの。思った通りの書き方が出来ないのもそうなんですけどね、今は何が悪いのかすらわかってない状態って感じ? 基本的な流れは同じはずで、ちょっとクラスがQt依存なだけだと思っているんですけどね、なんかうまくいかねーんだよなぁ。もう何もかもを忘れて、また三角形から書くことにしました。 これが出来ないとテクスチャなんて夢のまた夢よ。これが出来たら次はValkanに再度入門をと考えていたんだけどなぁ。まだまだOpenGLのことをわかってあげられてなかったんだなぁ。

2022年05月15日
- そういうつながりかー -


今期のアニメで「魔法使い黎明期」ってあるじゃないですか。見ているとたまーにですが、なんかどこかで聞いたことある言葉が出てきていて、昔見たアニメで聞いたことある気がするなぁと 思っていたんですね。そしたら5話くらいでようやく判明したんですけど、これって「ゼロから始める魔法の書」ってラノベと同じ世界の話なんですね。十三番とかなんか聞いたことあるなぁって 思っていたんですよ。元主人公の口から「ゼロの書」って言葉が出てきてようやくつながったわけです。アニメを見たのはだいぶ前だった気がします。どうなったのかはちっとも覚えていませんでしたが なんやかんやあって、獣の傭兵と結ばれたらしいですね。その結果、本作では主だった拠点となる傭兵の故郷だった村を立て直して暮らしているらしいです。これでたまに出てくる魔女との闘いとかが 前作の出来事であるということがわかりました。なるほどなるほど。だからと言って見方が変わるかといわれるとそうでもなくて。今のところは可もなく不可もなくという感じで見ています。 正直な話、多くの深夜アニメよりも千葉テレでやってるこち亀の再放送の方が面白いという...。そうそう。第二クールのOPはTOKIOが歌ってたの始めて知りました。やはり子供のころに見ていたアニメの クレジットを再び見るといっぱい気づくことがありますよね。クレしんなんてSHAZNAを知らずに聞いてましたし、ドラえもんの映画もSPEEDがED歌ってたりさ。

2022年05月14日
- やっぱエナドリは... -


昨日は脳みそが眠たかったのでエナドリを飲んでちょっと頑張っていたのですが、やっぱりそれがダメだったようで今日はカッターシャツをクリーニングに出した後も家に戻って 二度寝をしてしまいました。16時くらいまで寝ていましたが、それでも眠いんですね。やはり元気の前借りは本当に良くないです。エナドリに頼らないといけないときは出来るだけ 少なくしたいです。エナドリは良くない。

2022年05月13日
- 力がついてきたな -


3月頃から開発していたソフトウェアを本日、無事納品することが出来ました。ここからは納品したソフトウェアを本番環境に近い形でお客さんメインでテストをしてもらいます。 何か問題や改善点が見つかればそこからさらに手を加えていくことになるわけですが、ここでまずは一区切りということになります。次の予算で作りたいものもあるらしいので その準備を行いつつ、別のソフトウェアのアップデートを行っていくことになりそうです。炎上をさせることなくちゃんと動くソフトウェアを作れるようになってきたなと感じています。 3年前はなんちゃってプログラムしか書けませんでしたが、ようやく私もまともに動くソフトウェアを設計して実装できるようになってきました。とはいえ、まだまだ世の多くのエンジニアには 遠く及びませんし、私が出来るのはまともに動くソフトウェアを書くことだけです。GAFAMや大企業、野心的なスタートアップで活躍するようなエンジニアさんのように世界に 覇を唱えれるようなソフトウェアを書くアイデアは持ち合わせていません。そういう凄い人たちに一歩でも近づけるように、愚直に、動くソフトウェアを書いて腕を上げていきたい所存です。

2022年05月12日
- おっぱい... -


高校生とか社会人になる前くらいはおっぱいに対する欲求はそれほど大きくありませんでした。確かに巨乳は良いものだと認識していましたが、どちらかといえば貧乳の方が好きでした。 しかし、歳を取る毎におっぱいに対する欲求が大きくなりました。貧乳も良いものですが、巨乳はもっと良いものです。いくつになっても迷宮なしの名探偵。下半身の欲求は素直なようで もうおっぱいをガン見してしまいます。童貞かな? 今日はRPG不動産の最新話を見ていて、琴音さんのおっぱいに心惹かれました。なんか同じようなことを最近書いた覚えもあるんですけれど 琴音さんのおっぱいはすごいでかい。あと、あの痴女寝巻で外出歩くは童貞殺しのデカ谷間。本当に良くないと私は思います。いやしかし、今期は二人もえっちな女の子が居てとても困りますね。 一人は「くノ一つばきの胸の内」よりモクレンちゃん。ホンワカ話す癖にあの服装はえっちすぎる。目隠しされて責められたい。これはマズい。もう一人はもちろん琴音ちゃん。えっちすぎる。 本当に困ってしまうので、もう少しえっちすぎるのを抑えてほしい。私は私を抑えることが出来ない。えっちすぎる。

2022年05月11日
- なんでなんやなんでなんや? -


今日もプレイヤーの話。4K60Pまでは出せるの確認したんですね。あ、RTX2060よりも良いグラボがあった方が良いという制限はもちろんあります。ざぁこPCでは話になりません。 レンダリングにはOpenGLを使っているんですが、Surface Pro7で何故か映像が描画されません。音だけ鳴る。で、OpenGLを使う前の状態に戻すと絵が描画されます。 なんでなんやなんでなんや? 何か悪いことしちゃったんですかねぇ? はー、また動くコードから少しずつ手を加えていくしかないですなぁ。

2022年05月10日
- SDL2わからん -


音をね、出したいんです。で、古いAPIらしいSDL_OPENとかだとちゃんと音が出るんですね。デコードもうまくいくんですけどね、デバイス指定しての音出しがうまくいかねぇ。 なんかいい感じに音出そうだな?ってなるけど、なぜかデコード関数内でクラッシュします。なんでなんや?

2022年05月09日
- うひゃあ!ってなった -


春アニメに「ブラックロックシューター」という作品があります。大変懐かしい名前ですね。そう、初音ミクさんの有名な曲です。もう何年前になるんでしょうかね? 何年か前にもアニメ化していて、おそらく今回のはその続きなんだと思っています。前作は見たことがなかったので今作からなんとなーく見ていたんですが、目がキラキラした ピンク色の可愛い子が前かがみになっておっぱいが揺れたシーンを見たとき、なんだか聞き覚えのある声だなと思いました。まるで、はるか古から慣れ親しんだような声。 しかし、思い出せない。最初は峯田さんかな?と思いましたが、高さが違いました。今日、仕事中にイルミネのドラマCDを聞いていたからわかります。うーん...?と思って クレジットを見たところ「友永朱音」の名前が。皆さんは「ゆかり教育」という言葉をご存じでしょうか? 古き良き時代、修羅の国と呼ばれたアダルト向けゲーム通称「エロゲ」の 世界にて「青山ゆかり」の声に魅せられた大きいお友達が作り出した言葉です。今となってはすでに死語に近い「ツンデレ」というジャンルにおいてはくぎゅうに並び立つとも劣らない人。 若かりし頃、私は男の娘を愛し、そのジャンルを追い求めていました。そこで手を出したAXL作品。それ以降、私も「ゆかり教育」による調教を受け、ただのファンになり下がったわけです。 話を戻して、BRSのルナティックちゃんを友永さんが演じているわけですね。いやー久しぶりに聞きましたがやっぱり声可愛すぎんだろ。ていうか、声変わらなすぎる。まじプロ~って感じ。 BRSには興味があまりなかったのですが、せっかくなので最後まで見ようと決意しました。

あ、私、ゆかりさんが出演しているエロゲで一番好きな作品は「巣作りドラゴン」です。へへ、リュミスほんと好き。

2022年05月08日
- やっと作った -


昨日の話なんですが、1年くらい前に購入した自分で組み立てるタイプのタンスをようやく作りました。というのも、今、部屋のレイアウトを変更しています。それに伴って 本棚の増設を行ったのですが、ついでにずっと放置していたタンスも片付けちゃおうと思って作りました。今まではプラスチック製のタンスだったのですが、木製になると やっぱりしっかり感が違いますね。でも次はプラスチック製のタンスを分解しないと...。出来るだけ費用は抑えたいので、基本分解で行こうと思っています。GWが終わってしまったので 平日と休日で少しずつ分解して片付けていきたい所存です。

2022年05月06日
- また曲の話 -




みなさんは「かのこん」というアニメをご存じでしょうか? もしくは、「かのこん」というライトノベルをご存じでしょうか? そうです。田舎から上京してきた小山田耕太くんが 源ちずるさんという齢400歳を超える妖怪と出会い、健全な関係を築こうと努力しますがえっちな誘惑に負けて流されてしまうあの作品です。この作品に出合ったのは高校生の頃でしょうか? この作品で「おねショタ」の可能性を知りました。おそらく、私はこの作品のせいで年上の女性に憧れを抱くようになったのかもしれません(諸説あります)。

さて、多感な頃に聞いたアーティストや楽曲というのはすこぶる大切なモノです。ある意味、この頃に何を聴いたのか?で好きな曲調が決まるのではないかとも考えています。 私の音楽人生の中でも上位に入るくらい好きなこの「恋の炎」という曲。ゆいにゃんを知ったのもこの曲でした(たぶん)。特に好きなのが歌詞です。私は曲調よりも歌詞を意識するタイプで 特にめんどくさい歌詞が好みです。この曲の歌詞はとっても重い。いや、恋の歌なんで歌詞的にはハッピーエンドですし、ちずる視点での歌詞だろうと思われますので何も問題はないのですが 結構「キッツ...」といわれる歌詞だろうなと思います。ま、それが良いんですけどね! ヒトカラでこの曲を歌うときは、好きな人のことを考えながら歌うと「デヘデヘデヘ」となれて良いです。 今だと和泉愛依さんのことを考えながら歌うんじゃないかなぁ...。デヘデヘデヘ。

2022年05月05日
- マズいな... -


アイカツ3rdシーズンのED「チュチュ・バレリーナ」が良すぎる...。OPの「Lovely Party Collection」でアイカツ3周年を祝っているのも「エモッ...」ってなったんですけど、EDは別格です。 なぜこんなに好きなのかは全く分かりません。雰囲気なのか、曲の進行なのか...。でも、すごく私に合うような感じです。こう、ビビッと来た感じなんですかね。いや、本当に良い曲なんですよ。 んでね、この曲は作中ユニット「ダンシングディーバ」の持ち曲として扱われているのですが、そのPVがまた良い! 最初に見た方はお披露目だったのでスミレちゃんソロのPVだったのですが、 サビ辺りで背景のステンドグラスに光が差し込むシーンで再び稲妻が走って「!!!」となりました。その次の話でスミレちゃんと凛ちゃんが披露したわけですが、凛ちゃんが入ると一気に ダンス部分が激しくなりますね。そりゃまー凛ちゃんは「ダンシング」の部分なので当たり前なんですけどね。ソロの時もユニットの時もですが、ステンドグラスから入り込む光が二人を照らすシーンで ちゃんと二人に光が当たって反射してるの、メッチャいい!! あまりの良さに私は130話と131話をロックしてしまいました(nasneで)。いやーあかりGenerationは良すぎますね。いちごちゃん達には 大変悪いんですけど、一期・二期よりも好きかも。と考えてしまいましたが、背景に高校生組というレジェンドアイドルが居るからめっちゃ面白く感じるのかもしれません。確かにいちごちゃん達にも 美月さんというスーパーレジェンドがいましたが、アニメ初期だと設定上のレジェンド感が強すぎてピンと来ない部分がありました。でも、100話以上を通して成長し、困難を乗り越えてきたいちごちゃん達が居て、 その後姿を追う新人アイドル達って構図が刺さるんでしょうね。やはり、前作主人公たちの扱い方はアイカツが今のところ一番良いと感じています。

あ、ツッコみたかったことがあります。スミレちゃんと凛ちゃんがシャンプーのCMに出ることになっていて、打ち合わせとかをやってるんすけど、スミレちゃんがあまりにも手馴れすぎていて この子達の実年齢って14歳と13歳だよなぁ...と番組を見ながら考えていました。二人ともアイドルとして仕事をしているんだから当然かもしれませんが、中学生なのにしっかり者過ぎる。 もしかしたら、私よりもしっかりしているかもしれません。

2022年05月03日
- いや、その解釈はおかしい -


「鎌倉殿の13人」の未視聴分を見ていて、16話で違和感を覚えました。「一の谷の戦い」がお話の根底にあるのですが、この話の中で義経は「急な斜面だろうが降りられるに決まってんだろ!」と 一喝して急斜面を馬に乗って駆け下りる策を劇中に行います。この時、「斜面を調べていたら鹿の糞があったわ。鹿が行けるなら馬も行けるやろ」とあたかも自らの力で調べ出したように描かれていました。 この辺りが「?」となったのですが、多くの本や歴史の授業で習った話だと、その地域の猟師に話を聞き、鹿の話を聞きだして作戦を立てたことになっています。なんだか全部を一人でやってしまっている マンガによくあるような性格の破綻した天才として作中では描かれていますが、史実ではもっと知的な人物だったと思うんですよね。作中の義経があまりにも子供過ぎてどうにかならんのか...と思ってしまいますが よくよく頼朝と義経が対立した理由をwikiなどで調べてみると、頼朝を無視した独断専行や鎌倉を意識しない行いなどが募り募って不信感へと繋がっているようです。そう考えると、景時や武者たちへの仕打ちも 作中の通りだったのではなかろうか?とも想像してしまいます。いや、しかし、年譜を見るとアイツ、26だぜ? 26であの性格なのはなぁ。それから5年後に死ぬのも仕方ないんじゃないかなぁ。戦の天才ではあったけど 現代の色眼鏡を通して見た場合、人間としては微妙だったのかもしれませんね。

2022年05月02日
- 不思議なものです -


プログラムって書かなきゃいけない時はやる気が出ないことが多いです。でも、書かなくていいときはなんだか自然と書いてしまいます。今日もそうでした。休みをもらっているので書かなくてもよいのに 朝から「あれを作ろう」と思って手を動かしてしまいます。こういうときは不思議とアニメを見ていてもそっちに気を取られることがありません。やはりプレッシャーが比較的軽いからでしょうか。 私は知らぬ間にプレッシャーを感じていて、それがやる気を削いでいるのかも。憎しみ型駆動開発はプレッシャーから捻出される怨念を周りにまき散らしながら開発していると思っていましたが 過負荷な時は何もやる気が起きなくなるのかもしれませんね。ところで、アイカツの撮りためを積極的に消化していますが、氷上スミレさんはいいですね。というか、あかりジェネレーション良いですね。 いちごちゃんを筆頭に、一期、二期を駆け抜けた高校生組を要所要所で起用することで彼女たちの先輩としての成長を物語に織り交ぜながら、中学生組の成長を見守っていく感じがとても良いです。 ガンダム種・種死を見た私からすると、とても理想的な主人公たちの起用方法だと思っています。あかりを筆頭にした中学生組(さくらちゃんは唯一中学生ですが、彼女もレジェンドなので...)が 少しずつ先輩の背を追って、アイドルとして羽ばたいていく姿はとてもワクワクします。あとな、曲が良いんよな。MONACAが作る楽曲はやっぱりいいですねー。もしかしたらGW中に撮りためアイカツが 全て消化されてしまうかも。

2022年05月01日
- 音が出たわ -


音が出て、動画を再生できるようになりました。しかし、ガクガク再生になってしまいます。どうやら音の再生に一所懸命してしまうようです。sws_scale関数を使っているのですがまれに失敗していて その分のツケが清算出来ていないっぽいんですね。うーん、動画再生だけやっていたころはスムーズに再生出来ていたので、なんか間違っているんでしょう。ということで、また動画だけを再生する プレイヤーを作って、そこを起点として足引っ張てる実装を核にしていきたいと思います。

2022年04月30日
- ようわからん -


ffmpeg api を使ったソフトウェアを一つ作っています。映像の再生は出来るようになったんですが、音の再生が上手くいきません。というのもAAC形式はなんかあじゃこじゃ書いてありまして デフォのフォーマットがなんや違うらしい。ようわからんけどうまく再生できんのや。というか、avcodec_find_decoder関数で見つけきれんのはなんでなんや? idは存在しとるやん。 なんや違う関数を使わんとあかんのか? ようわからん。ffmpegようわからん。

2022年04月29日
- 祝日 -


今日からGWに突入しましたね。心苦しいお仕事のことはひとまず忘れて、好きなように過ごしたいと思います。今日は久しぶりにゆっくり寝ていました。最近は土日のどちらかに出勤することが 多かったので12時まで寝たのは本当に久しぶりです。しかも夕方には昼寝もしました。いやー贅沢な時間の使い方です。たまにはこういうのも良いものですね。毎回この時間の使い方をすると 休みが消えてしまうので、それは本当に怖いです。やっぱり土日も朝に起きれた方が良いです。

2022年04月27日
- 今、思い出した -


なんかずっと引っかかってる作品名があって、東は西へ西は東へみたいな感じだったんですね。なんだっけなぁと思っていたのですが、ついに検索して思い出すことが出来ました。 「月は東へ日は西へ」です! そう、2003年にオーガストから発売されたエロゲです。アニメ版は高校生くらいに全部見てまして、ずっとクレジットのシーンだけが印象に残っていたんですね。 ようやく思い出すことが出来ました。これでゆっくり眠れそうですね。でもどんな話だったかは全然覚えてないなぁ。

2022年04月26日
- 簡単に書く -


day 2はCエリア(?)の前の方に席がご用意されていました。このCって席は目の前にアイドルちゃんたちが出てくる場所で、その前の方だから凄い近い! 目の前に演者さんがいる感じ! いやーこんなに近い席はなかなか取れませんから、day1と合わせてもかなり良い席が当たったと思います。奈々様や姫のライブでも思いますが、みんな可愛くてビックリしますよ。 映像やSNSで見る彼女たちの等身大を見ると、みんな女の子っぽいなぁと感じられます。いや、女の子なのは当たり前なのですけどね。でも、生で見る彼女たちはやっぱりちょっと違いますね。

day1では見られなかった逆側に居たのもあり、今回の公演を合わせてセンターステージ以外はほぼ見ることが出来ました。個人的には大満足です。day2側のLEDは可動式じゃなくて一面の大きなLEDパネルだったり ステージ構成も差分が見られて面白かったと思います。演出自体も、day1とはユニットの歌唱順が異なりました。なのでday1では最後のユニットだけはアンコールの後に少しだけトークだったのですが今回は 最初の方でしゃべったりとかね。そうそう。全体曲が4曲あったのですが、それもすべて変えてきていました。これはなかなかのサプライズです。まさか新曲の「虹の行方」もday1しかやらないとは...。 day1, day2のどちらも現地に行けて良かったなと思います。

そうそう。この日に初めて隣の方から名刺ってやつをもらいました。ま、私は名刺作ってないので頂いただけでした。やっぱりみんなそういうの作るんですねぇ。たぶん私は作りません。

8月、10月にユニットを分けてのライブもあります。たぶんですが、ソロ曲とかもやってくれるんじゃないかなぁ。反対に全体曲を一曲もやらない可能性も出てきますね。その代わりに古いユニット曲も やってくれるかもしれません。やはり283プロフルメンバーで挑まれる場合、ユニット曲は2曲だけなので新曲が選曲されやすいです。そうなると古い曲は難しく...。個人的にはアンティーカには 「NEO THEORY FANTASY」を歌ってほしかったです。希水さん加入後、5人で初めての一曲。なら、セリフも入っているこの曲を思い浮かべないプロデューサーはいないでしょう。残念ながら披露とは行きませんでした。 まぁ次回や次々回でお披露目の機会があるでしょうから気長に待ちましょう。

フルメンバーでの4thとならなかったのは残念ですが、こればっかりはどうしようもありません。バンナムフェスには私は行きませんので、来年の5thでフルメンバーでの歌唱が叶うことを夢見ております。

2022年04月25日
- 無理、眠い -


感想は明日にしよう。また明日。真乃、お誕生日おめでとう。

2022年04月24日
- THE IDOLM@STER SHINY COLORS 4thLIVE 空は澄み、今を越えて。 day 2 -


感想は明日で。4周年、おめでとうございます!

2022年04月23日
- THE IDOLM@STER SHINY COLORS 4thLIVE 空は澄み、今を越えて。 day 1 -


今日は4thライブ day1でした。幕張メッセでしたので、とても久しぶりに武蔵野線系列に乗りました。いやーすげぇ遠かった。1.5時間もかかるとは思いませんでした。 しかし、やはり生は良い。脳みそが震えます。この震えが明日も続くと考えるとうれしいものです。

今回、私が「ほー」と思った演出は4点あります。1点目は会場内全周囲を取り囲むLEDの壁。ピッチは5cm以上ありそうな幅広LEDでしたが、不規則な点滅で星を表現していました。 今の時代、液晶モニターは使われません。すべてLEDになります。場内のモニターもLEDだったわけですが、ちょうど透けて奥が見えるタイプだったのでキラキラと光っていました。
2点目は階段状に上から吊るされたLED。正面から見ると奥行きが表現できる作りになっています。それに合わせた映像コンテンツがとても映えた演出でした。ああいう見せ方も良いですね。
3点目は、またLEDの話になりますが、各LEDモニター間の同期処理です。解像度は不明ですが、各LEDモニターでは2パターンの映像が流れていました。歌唱中の映像と全LEDモニターが 1枚のディスプレイになったような映像です。おそらく、ビデオウォールのようなシステムを使ってカメラのスイッチなども行っているんだろうと思います。もし、ソフトウェアで同期を取るような 処理を行っているのだとしたら、大変凄いなと思うので是非とも知りたい技術です。
4点目はトロッコバトルです。毎回、ストレイライトはダンスバトルが入るのですが、1日目は抑えめでした。その代わりに「Another Rampage」の疾走感を表現するような演出として トロッコに乗ってCサビを三人が歌い上げるというものがありました。トロッコに乗って歌うってのは確かにありますが、レースのような使い方で向こう岸に行くのは初めて見たので印象に残りました。

さ、明日も現地です。今日はしっかりと寝て、英気を養おうと思います。

2022年04月22日
- キテルワ -


結局、髪形はツイストパーマ風になりました。暑かったのでちょうどよかったかもしれません。ところで、今週は全体的に調子が良いです。たぶん、ずっと悩んでいたことに 挑戦したことで踏ん切りというか、一区切りついたからでしょうか。結果はまぁ失敗したんですけど、逆に自分にまた自身が付いたといいますか。良い失敗になったと思います。 そのおかげで、実現できてなかったソフトウェアのアイデアがスルスルと実現へ向けてステップバイステップで進めています。久しぶりにスルスル出来てる。覚醒しちゃった?って 思うくらいうまくいってます。このまま走り切りたいもんですね。

2022年04月21日
- あー悩む -


明日の髪形をどうしましょうか。ツイストパーマっぽいのはもうやったし、ポニテもやった。耳掛けっぽいのも今日やったし...あとはオールバックかなぁと思って事前に チェックしましたが、オールバックが似合う顔じゃなかったです。うーん、マンバンか? でも髪の長さが足りないなぁ。簡易コーンロウくらいの技術力があればマシなんですけど それが出来ないんだよなぁ。あー編み込みしてぇ。最終手段はツインテールですが...俺、ツインテールになります!

2022年04月20日
- いったわ -


遂にEXTAVでDAHLIAのExtremeはクリアできました。ほかの曲はまだです。あ、バラードはイケてます。今日は調子が良かったのでRusty Nail HardもFULL COMBOまで行けました。 一回だけミスってしまいましたのでALL Parfectが取れなかった。紅のExtremeももう少しでクリアできそうって感じなのですが、まだ駄目です。今日は惜しかったんですよー。 Rusty Nail? いや、無理だろ。Silent Jealusy? 無理げー。X?? 最初の「気合い入れろー!」で死にます。 まだ難しいのが多いなぁ。ただ、Hard以下に関して言えば、クリアできるように なったので、人間の成長って凄いなぁとやはり思います。ええ、この能力は全く役に立たない能力なんですけどね。

2022年04月19日
- 何か調子が良い? -


なんだか調子が良いです。ソフトウェアの開発も普段の生活もよくわかりませんが調子が良いです。不思議。でも天気は調子が悪いよね。どうしてこんなに情緒不安定なの。 もっとちゃんとしてほしい。

2022年04月14日
- この薔薇は...タキシード仮面様! -


30周年記念でセーラームーンを再放送していまして、それを見ています。実は私、セーラームーンはアニメ版をちゃんと見ていませんでした。ネタで見てるくらい。 ちなみに小学生のころ、土曜日の07:30(?)からやっていた実写版セーラームーンは全話見ました。あの、ルナ(猫です)がぬいぐるみのやつですね。北川景子さんが レイちゃんやってたやつですね。なので大まかな話の内容は理解していたような気がしているような気がしています。ちなみにちびうさまでしかわかっていません。 それ以降のセーラー戦士は画像でしか知らない...。ごめんなさい。

ところで、タキシード仮面様はさっそうと我々のそばに現れ、救ってくれる正義のヒーローです。今から10年近く前には怪文書「タキシードクイズ」と呼ばれる ネット上でとても有名な文章があります。いやらしいことを文章にしたためているのですが、読ませる文章で読者を刺激してくると話題になった作品集です。 ちょうど全まとめテキストがあったのでそれを読んでいたところ、「2003年、スーダンで陰茎が消失する」事件が起きたという記述がありました。 本当か?と思って調べたところ、本当のようです。しかもナイジェリアやシンガポールでも発生した過去もあるそうで、いろんな場所で起きていました。 事の真相は「コロ(性器収縮症候群)」と呼ばれる幻覚精神障害だそうです。なので本当に失われたわけではなく、精神的な状態でパニックになり、陰茎が失われたように 感じられてしまったということですね。いやー人生で絶対使うことがないだろうなって思う不思議な事件の話が私の脳にインプットされてしまった...。

Excite News へのリンク

2022年04月13日
- 1時間くらいかかった -


お家に帰ったら、シャニマス4thの物販製品が届いていました。今回は法被を買いました。なので、どうにかして和泉愛依という大変にカッコよくて特別に可愛い女を 完璧に綺麗に撮ってあげたいという思いがあふれてしまい、1時間くらいずっと法被撮影会をやっていました。まぁまぁ納得のいった写真がこれです。



本当は吊るして撮影したかったのですが、皺がよらない撮影が出来ず。ちゃんと撮影するには部材もそろえる必要があるんですねぇ。もっとキレイに撮ってあげたかった。 ごめんね、愛依ちゃん。

2022年04月12日
- NWが変? -


家でソシャゲやってて、iPadだとたまに負荷掛かってるのか動作が不安定になることがあります。EXTAVやってるときにその事象が起きるとぶっ殺したくなりますよね。 今日も紅の練習していたらそれが起きてToshiが同じ歌詞を何度も繰り返す状態になっていました。もう勘弁してーってなりました。

2022年04月11日
- イケメンが一匹、イケメンが二匹 -


髪が短くなったのですが、アイロンで伸ばすと韓流マッシュっぽい感じになります。サラサラしてるやつね。なのでそのセット方法を調べようとググるんですけど ちょっとググるだけでイケメンがワンサカ現れます。みんなカメラ目線なのでちょっと照れちゃうんですね。なぜなら私はイケメンに弱いからです。ほんとイケメン好き。 「顔かっこよくて好きかもってなる」という大好きな言葉がありますが、その通りです。はーイケメン好き。もう俺、イケメンに飼われて生きよう。イケメンに養ってもらいたい。

2022年04月10日
- これが人間の成長か -


遂にRusty Nail HARDに加えてSilent Jealousy HARDも走れるようになりました。 そしてさらに、紅 HARDも走り切れました。すごい。でも、一度だけしか走り切れない...なぜ。 どうやってあの長いメロディーラインを走り切ったのかがちっともわかりません。 でも事実としてクリアの文字が残っています。今の実力では単にまぐれだったんでしょう。 このまま練習していけばExtreameも走り切れるかもしれません。そうしたら次はフルコンボできるようになりたいな。

2022年04月07日
- 面白れぇ -


千葉テレビの再放送アニメ枠で始まったこち亀、一話から面白くて大変助かっています。 両さんはやっぱりハチャメチャで面白い。毎日見れるように頑張ろう。

2022年04月06日
- 我が肉体は疲れ果てた -


今週は肉体労働が多くて本当に疲れちゃった。ということで明日も頑張るぞー。

2022年04月05日
- いや無理やろ -


EXTAVっていう、X Japan, LUNASEA, GLAYがメインフロントでやってるV系の音ゲーがあります。ローンチが遅れた作品でしたが、無事リリースされました。 私の推しは一人もいませんが、やってます。人生初音ゲーなのです。案外やってみると楽しいなっていうのが感想なんですけど、楽しいのはNORMALまでです。 HARDからがすでに私はついていけません。Rusty NailのHARDをまずはクリアしたいのですが、早すぎて指が追い付かない。あと、矢印のやつがとても苦手です。 なんか上に指をシュッとスライドさせる動作らしいのですが、ほぼ「BAD」扱いです。どうやったらクリアできるのか、音ゲー初心者にはわかりません。 ま、反復練習と覚えこみなんでしょうね。あとは音に合わせてちゃんと動かす? 速い曲はみんなそうですが、難しいです。

2022年04月04日
- とても疲れた -


今日は、肉体労働の日でした。ほとんどコードもドキュメントも書かず、とにかく肉体労働に勤しみました。なのでとても疲れました。 とても疲れたのでさっさと寝ましょう。

2022年04月03日
- 新年度 -


ということで、新年度です。今年度も頑張るぞー。にしてもアニメーションの刷新ですね。春アニメは面白そうなものがいっぱいですね。楽しみです。

次の日記へ

メインへ戻る