更新履歴&日記

あなたのお名前何ですか!? 本屋ちゃんは可愛い!
メインへ戻る

次の日記へ

2022年01月17日
- 少し反省 -


私はソフトウェアを説明するとき、比喩的な表現として世間一般ではあまりよろしいとは思われない言葉を多用します。これは私の根底にあるモノの捉え方がそういう 一般的には汚らしい言葉と親和性が高いからだと思っています。これは私個人の捉え方なので好きにすればよいと思っていたのですが、どうやら私の捉え方は刺激が強いようで 私の近い場所で仕事を一緒にする人たちには影響を与えてしまうようです。例えば、「少しだけ時間が欲しい」を「さきっちょだけだから」と言い換えたり、何を考えているのかが ちっともわからない人々を「メルヘン」と表現しますし、かまってちゃんだったりめんどくさい奴らは「メンヘラ」などと口にします。長いこと一緒に仕事している人たちには 私がどのような人物なのかが多少は伝わっていると思うのでこの辺りは冗談のように受け取ってくれる人もいるのですが、中にはこの言い回しの影響を受ける人もいるようです。 やはり若い子や私と近い年齢の人々で、自分の中に確固たる考え方が根付いていない人はこういう刺激の強い言葉に影響を受けがちな気がします。私の場合は根拠をベースにして 自分の意見をまとめることが多いですし、可能な限り自分が揺れるような言い方はしないようにしています。つまり、出来るだけ言い切る形で結論を出すようにしています。 基本的にTrue or Falseです。なので、相手の心情としてはなんだか正しそうだなぁと思われてしまうかもしれません。

こういった結論の出し方と私の感受性から紡ぎ出される言葉がミックスされた場合、根底にある結論の出し方や捉え方は理解できないので影響を受けることがないのですが 紡ぎだされる強い言葉の部分はスッと入っていき、その部分だけが残って他人に影響を与えてしまうのかもしれません。この点については影響を受けてしまった以上はどうしようもなく ただ言葉だけが暴走してしまいます。私は性格的に、気に入らないものは気に入らないと言葉にしてしまうので、つい強い言葉を使いがちです。だからもう少しマイルドな表現を 心掛けないと若い世代たちに悪影響を与えてしまうのでは...と思い、反省の意も込めてこの日記に書いたわけです。

まーでも、私の考え方や捉え方って基本的にひねくれてるので、ここはどうしようもないですね。SNSにもよっぽどのことか、シャニマスのことくらいしか意見を書き込まないようにしてますし。 おおよその言葉たちは何か別のメモ帳などに書いてしまえばそれで消化されますし、ネガティブなことを書いたところで誰も幸せにもなりません。だから、意見を吐き出す前に 一度踏みとどまって本当に紡いで良い言葉なのかを考えるようにしてします。それでも強い言葉を使ってしまうのだから、もう変えることが出来ないんじゃないかなぁ。

2022年01月16日
- Surface Duo 2 -




これが噂のくそ高端末である「Surface Duo 2」です。お値段は約20万円。これだけでPixel6が3台くらい購入できると思います。まぁ私がSurface Pro 7を買った時と ほとんど同じ値段ですからね。いや、高い。これとバトルするのはサムスンあたりになるのですが、完成度は圧倒的にサムスンのほうが上です。向こうはパカパカ携帯に 近い形なのでコンセプトは違いますが、フォルダブルという意味では同じです。

さて、使ってみた感じは悪くありません。モニターだけ見ればスマートフォンが二つあるような感じなので両サイドに別のアプリを起動して処理できるのはとても良いです。 私の場合、ホワイトボードやノートを使いながらブラウジングしたりしますし、ツイッターのWebリンクを外部ブラウザで開くので右側にツイッター、左側にブラウザと起動できて とても便利だなと感じます。私の使い方の場合は一般的なスマホの使い方(動画を見たりやゲームをやったり、写真をいっぱい撮影したり)はほとんどしません。どちらかといえば、 ノート的な使い方がメインなのでアイデアをスケッチしながら逆の画面で調べものとかができるのはとても重宝します。

ここまでは良いところです。悪い点としてはカメラの出っ張りがヤバい。2mmくらいは出っ張ってます。なんだよ2mmかよって思われるかもしれませんが、定規を見てください。 2mmって結構あるよ? しかもカメラ側のカバーって純正品では発売されてないんですよね。バンパーとかWindowsのマーク側は売っています。もちろん買いました。このカバーがあれば ペンが充電できるからです。なぜカメラ側は売ってないんだろう。
それから、結構重いです。画面二枚だと300gくらいありますからね。片手操作はやめた方がよいでしょう。落とす。最後に一番の問題はディスプレイの認識率が悪いことです。 もしかしたらこれは私が購入したディスプレイカバーが悪いのかもしれません。貼らずに操作はやったことなかったので別のカバーが来た時に少し試してみましょう。 今の状態だと強めに押しながらスワイプ操作などをやればスムーズに動くのですが、普段通りに制御していると認識せずに動いてくれないことも多々あります。 ディスプレイカバーのせいだったらいいんですけど、本体の仕様だったらこれは売れないと思います。

さて、このDuo 2を他人に進められるかといえば、無理ですね。こんなの買うくらいなら別のハイエンドスマホを購入した方がよいでしょう。iPhoneかGalaxyを買った方がよいでしょう。 それくらいにはお勧めできない代物ですが、コンセプトには未来があります。もう二度とアップデートされない可能性もあるかも。でもAndroid12Lで開発中って噂もありますよね。 私はSurfaceシリーズが好きなので、出来るだけちゃんとアップデートしてより良いものに仕上がることを望んでいます。

2022年01月15日
- 帰ってきた東京 -


この一週間ほど、千葉へと出張で出ておりました。出張に行くたびに思うのは、自宅っていいなぁってことです。やはり自分で作り上げた空間ってのは特別です。 だらだらしやすいように作られた空間はリラックスできますね。納品前は気が立ちやすいので睡眠も浅くなっていましたが、心配事がとりあえずは片付いたので 昨晩はとてもよく眠れました。ほかにも心配事はあるのですが、ひとまずは戦士の休息ということでゆっくり眠りたいと思います。

2022年01月05日
- マジで起きれない -


一気に寒くなった影響もあって、お布団から出られません。というか、目覚ましが息してない。日々の疲れもあると思うのですが、こればっかりはどうしようもない。 でもすぐに寝たくないしなぁ。はーどうして私は短い睡眠で生きられないのでしょうか。

2022年01月04日
- 予想を外してくるな -


私は行ってませんが、昨日と本日は奈々様がSSAでライブされていました。声は出せないタイプだと思います。行くか迷ってはいましたが、最近は奈々様離れしていましてね。 最近ようやく改めて聴き始めた感じでもあります。最近の曲は全然わかりません。ちょっと飽きも来てましたし。2009年くらいまでのは喜んで聴くんですけどね。2010年以降って 似たような曲ばっかりでうーん...ってなります。

さて、私はこのライブ中にきっと東京ドームライブがアナウンスされるだろうと思っていましたが勘違いがありました。前回の東京ドームライブは2015年4月だと思っていましたが調べたら2016年4月でした。 なので東京ドームは来年ありそうですね。ファンからすると7という数字に固執する奈々様サイドの思いは推し量れませんが、7という数字を特に重視していますし。そういうわけで、来年は3期に分けて最古参、古参、新参が 楽しめるようなライブになるのではないかと予想しています。ひとまず今年は夏にツアーがあるらしいということです。にしてもチケット代が高い。まさかの9900円というほぼ一万円です。 税込みで一万超えますね。これ、キングスーパーライブと同じチケ代です。いや、高すぎるだろ。どうなってんだ? キングは何考えてるんだ? 奈々様なんだから7700円で出すべきでは...。 あれか。コロナ禍の間にSSAで無観客ライブとかやったり無料配信ライブとかやったからその分を回収しに来てるのか。もうちょっと安くしてくれてもいいと思うんだけどなー。まぁファン層も 高齢化してますからね。行くやつは行くでしょ。たぶん私は行きません。

ところであさひちゃん。お誕生日おめでとう!!!

2022年01月03日
- 起きれるかなぁ -


遂に三が日が終わり、明日から通常業務の始まりです。とか言いながら今日はちょっとだけお仕事したんですけどね。朝が弱いので明日、起きれるか心配です。

2022年01月02日
- 再アニメ化 -


「うる星やつら」が再アニメ化されます。再放送を見ている私としてはまぁまぁ期待しています。再放送を見ている限り、「え、再アニメ化する必要ある?」ってくらいには 完成されているのでそれを超えてくるのか、超えられない壁に負けるのかは見届けたいと思っています。

というか、現代では放送が難しいであろう点がいっぱいありますよね。例えば、竜之介とその父。このLGBTが尊重される時代に娘を男として育てて頑なにブラもパンティも身につけさせず スカートすら許さない父親。竜之介の口癖は「俺は女だー!」です。昭和の時代だからこそ許された表現ですから、竜之介と父が消されそうで心配です。竜之介は出せても父は出せないのでは...? 「俺は女だー!」は竜之介がとてもカッコいいから女性が寄ってくるのを嫌がるって設定に変えられそうですね。

あたるがテンに対して取る態度も今の時代では難しいのでは。テンはラムの従弟で8歳児だったはずです。放送序盤ではキャラクターが定まっていなかったのもあってあたるの方が どつかれていましたが、オープニング・エンディングが二番目になる頃にはテンは出てくるたびにあたるにボコボコに殴られています。幼児虐待と取られる可能性もあります。 昔は対して気にする必要はなかったでしょうが、今の時代に子供を殴るという表現は難しいのでは。というか、テンですら消されそうな感じがします。大丈夫なんだろうか。

見習うべき話のプロットはやはり多いのですが、あの時代だったからこそ許された表現もあると思います。あたるやメガネが温泉マークと学校でどんちゃん騒ぎしながら酒を飲むとか絶対無理じゃん? 言ってしまえば、最近は全然見ませんが、SNS炎上で起きる事件が許された時代だと思います。コンビニのアイスボックスに寝転ぶとかたぶん昭和は許された気がします。今の時代ほどルールに うるさく言われなかった時代でしょうからね。けったいな奴がおるなくらいで終わったかもしれません。だから、再アニメ化されてもあの頃の勢いを再現できず、作品の知名度だけで見た人たちの記憶には 対して面白くない作品として残る可能性が非常に高い恐ろしさがあると思っています。

ところで、再放送を見ていてわかったことがあります。ああーって腑に落ちました。例えば、最新回でラムが三日間、あたるを怒らなければデートするという約束をします。その時、ラムは「三日間、ダーリンは 浮気し放題ということっちゃね」とジト目であたるを睨み、あたるは「気づきおったか」という表現がありました。そも、「浮気」とはお互いに好き合う男女がおり、その片方が別の異性に浮つくことです。 つまり、ここであたるが「ラムとは好き合っていない」と否定せずに「バレてしまった」という意思を見せた時点で、もう完全無欠にラムのことが好きであると白状しているわけです。まぁ、ラムがどこかへ 行こうとしたらあたるはテンのおまる型宇宙船で追いかけるくらいには大切に思っていますからね。そら好きであるのは自明ですけど。周りの女の子があたるになびかないのも、あたるがラムを大切に思っていることを 理解しているからですし。しかし、しのぶよりもラムを取るのも不思議だなと思います。しのぶは本当にいい女だと思いますよ。怪力は...。でも私が選ぶとしたら誰だろう。性格的に好きなのは弁天ちゃんですね。 ランちゃんも結構好きです。冬優子の先祖みたいな二面性を持ったキャラクターですし、声優さんの演技もすごくいい。なんにせよ、多くの魅力的なキャラクターたちは今の時代では表現が難しい可能性があるので 多く消されそうな感じがして嫌だなーという話でした。

2022年01月01日
- 新年 -


昨年は最低なことが年末に起きました。今年は良いことが起こるように努力を怠らないようにしたいと思います。
今年の目標は以下です。

・年間平均5km走る。2021年は4.4kmでした。
・Intel CPUに詳しくなる。
・NVIDIA GPUに詳しくなる。力を入れるのはCUDA、OpenGL、DirectX12、Vulkan。
・Network通信に詳しくなる。範囲が広いが、力を入れたいのは動画ストリームの世界。RTSPとか。
・BlackMagicDesign社のMediaExpressに近いソフトウェアを一つ作り上げる。
・お絵描きが上手になって、素材を自分で作れるようになる。

成し遂げられるかはわかりませんが、この六つを主として一年を走り抜けたいと思います。もっとコンピュータの低レベル層を理解して より良いソフトウェアを作れるように努力します。

次の日記へ

メインへ戻る